ニュージーランド新型コロナ最新情報


24日間連続、新規感染者が0だったニュージーランドですが、新型コロナ収束宣言には早かったようです。6月16日にイングランドから帰国した姉妹2名の感染が確認されてから、毎日1,2名の新規感染者が出ています。現在の感染者数は11名で、全員が6月に海外から帰国し2週間の隔離期間中の検査で陽性が確認されています。海外からの帰国者が増えるのと比例し感染者が増えている状況です。ほとんどの人が無症状で、病院で治療が必要な人はいません。

11名の内訳は、1名がイングランド、1名がUSA、2名がパキスタン、7名がインドと、新型コロナが蔓延している地域からの帰国者です。この状況を踏まえて、現在、ニュージーランドへの入国は非常に厳しく制限され、ニュージーランドの国籍もしくは永住権保持者及びその家族しか入国できず、入国の際は2週間のホテル隔離と入国後3日目及び12日目のPCR検査で陰性でなければどんな理由であろうと隔離施設から出ることはできません。

現在、国内での市中感染は確認されていませんが、毎日9000人近い人がPCR検査を受けており、国内の感染状況の把握に努めています。感染症対策はレベル1のままで、国内の生活は通常通りです。ラグビーの練習も試合も行われており、先週末のスーパーラグビーもたくさんの観客で大盛況でした。国内は元の活気が戻ってきておりますが、国境が開くまでは長い道のりとなりそうです。


​Copyright ニュージーランドでラグビーを学ぼう NZ RUGBY LINKS ltd