NZラグビー情報&新型コロナ情報

新型コロナの感染者数が減少し、市中感染が抑えられてきているニュージーランドは、本日より、オークランド以外の地域の感染予防レベルが1になりました。つまり、手洗い、咳エチケットなどの感染予防をしながら通常の生活がおくれます。

いままでレベル2であったため、集団の人数制限があり、コミュニティーラグビーでさえも無観客で行われていました。子供達のスポーツを観戦したい親御さんたちは、代表がフェイスブック上でライブスクリーミングしたりして、子供達を応援してきました。ここ最近では、ラグビーフィールドの周りに車をぐるっと止めて、よく見えないので車の上に登ってみたり、トライをとるとクラクションをブーブー鳴らしたり、、、制限範囲内でいろいろな観戦方法を編み出していました。やっと今日から、オークランド以外の地域では制限なく試合観戦ができるようになりました。

今シーズンは新型コロナのおかげで、3月末からロックダウン、ロックダウンが終われば次は人数制限、、、、ラグビーをするにあたって次々に難題が押し寄せてきましたが、文句を言う事なく、創意工夫しラグビー継続のために尽力してくれた人々に本当に感謝です。きっと選手はこの経験を通して、普通にラグビーができる事のありがたみを実感したと思います。そして、普通に試合を観戦できる喜びも、、、、。

10月11日と18日には、オールブラックスとワラビーズが対戦するブレディスローカップが、ニュージーランドで行われる事が決まりました。開催地は第1試合がウェリントンで第2試合がオークランド(未定)。現在レベル1のウェリントンでは、満員の3万5千人が観戦する見込です。ただし、未だレベル2のオークランドに至っては、集団の人数制限があるので、10月5日に再度状況の見直しが行われ、もしレベル2のままならば開催地はダニーデンに変更になるとのこと。

オークランドだけでなくどの地域もまだまだ油断はできませんが、諦めかけていたオールブラックス戦のチケット争奪戦は必至でしょう。頑張ってチケットをゲットします。

​Copyright ニュージーランドでラグビーを学ぼう NZ RUGBY LINKS ltd