NZラグビー情報&新型コロナ情報



先週、オークランドでは市中感染の広がりが懸念され、7日間のロックダウンが発令されましたが、昨日朝、新たな感染が5日間連続見つからなかったとのことで、ロックダウンは解除され、警戒レベルも1段階引き下げられました。ニュージーランド国内は、交通機関でのマスク着用が義務づけられている以外は、通常の生活に戻っています。

ところが、解除した矢先の翌日、2月末に日本からのフライトに乗務していた乗務員の新型コロナ感染が見つかりました。この乗務員はすでにワクチンを接種しているのですが、陽性反応はワクチン接種前に感染したものであるとの発表で、現在、感染経路の追跡が行われています。不幸中の幸なことに、先週、オークランドはロックダウンでしたので、この乗務員が外出した先は、スーパーマーケットのみということで、市中感染は広がっていないであろうとのこと。一緒に住んでいるご家族もみんな陰性だったようです。

一つの市中感染が治れば、次が見つかる、、、海外からの窓口であるオークランドは、もぐらたたきのような状況でなかなか落ち着きません。水際対策の難しさを感じます。

ウェリントンは、現在、警戒レベル1で通常の生活です。ウェリントンカレッジでは先週から、所属グレードを決めるトライアルが始まりました。今年は200名の学生がラグビークラブに登録しているそうです。

一昨年、去年とファーストXVの成績が低迷しているウェリントンカレッジですが、U15はウェリントン州大会で2年連続優勝しています。U15に所属していた選手が今年はシニアグレードに上がってくるので、チーム強化にも力が入っています。