2014年常翔啓光学園ラグビー部 NZ遠征

最終更新: 2018年11月1日

2014年7月11日~21日の11日間にわたり常翔啓光学園ラグビー部のニュージーランド遠征がウェリントンで行われました。コーディネーターは当社代表・竹内克が務め、フォワードコーチ・元オールブラックス ディオンウォーラン、バックスコーチ・元サモア代表 スティーブソイアロを帯同しました。滞在中は地元高校と3試合が組まれ、1勝2敗という結果ではありましたが、最終戦ではレベルアップを実感することができました。また今年は、スポットコーチとして、元オールブラックス&ハリケーンズ・スコットワードローム(ブレイクダウン)、元イングランド代表&アイリッシュブリティッシュライオンズ・リキフルーティ(キック)、ハリケーンズコーチ・ダンクローン(スクラム)、オールブラックス&ハリケーンズコーチ・アリスター(タックル)がトレーニングに参加し、チーム力向上のみならず、個々のスキルアップにも重点を置き強化しました。

観光もままならずラグビー漬けのニュージーランド遠征でしたが、この遠征で得たものを日本で十分活かして躍進してくれることをこころから願っています。



​Copyright ニュージーランドでラグビーを学ぼう NZ RUGBY LINKS ltd