オークランド以外の地域でロックダウンが緩和されます。



来週水曜日から、ロックダウンがレベル3に緩和されます。ただし、オークランド以北の地域は、引き続き厳しいレベル4のロックダウンのまま。オークランドの感染状況の好転まではなかなか時間がかかりそうです。


今日の感染者数は347名。毎日結構な数の感染者が増えています。そのうち、333名はオークランドで、14名がウェリトン。ウェリントンの感染状況は、感染者の新たな増加はなく、全て感染経路が判明していて囲い込みができています。そして、ニュージーランドの他の地域には、現在、感染者はおりません。


毎日、感染者が芋づる式に増加しているオークランドですが、オークランド以北の地域へと続く道路には警察の検問が立ち、出入りを厳しく取り締まっていて完全に陸の孤島となっています。この状況がいつまで続くのか、全く目処が立ちません。


去年のロックダウンの時と比較して、今回は、感染拡大のスピードが本当に早く、恐怖さえ感じます。そして、多くが家族間感染とのことで、家族に一人でも感染者が出るとほぼ全員が感染してしまっている状態だそうです。デルタ株の感染力の強さがわかります。


とにかく今は、ロックダウンで人流を抑え、その間にワクチン接種を推し進めることが最優先事項で、政府は、「Fast」&「Hard」の感染対策を一貫して進めています。いつもながら迷いは一切ありません。頼もしいです。


レベル3になると、ソーシャルディスタンスを取ることができるビジネスが再開されます。マクドナルドのドライブスルー、UberEatsやピザの宅配、テイクアウェイもできるようになります。工夫をこらしながら、多くのビジネスが動き出します。


先日、ワクチン接種に行ってきましたが、まるで流れ作業のように黙々と接種が行われていました。政府の発表だと、現在、12歳以上の約45%以上が第一回接種を終え、接種率は毎日約1%ずつ増えているのだそうです。


感染拡大がおさまり、ワクチン接種も行き渡り、当初の予定通り、来年の初めには国境が少しずつ開いていくことができれば、と願っています。



最新記事

すべて表示