スーパーラグビー最終節・姫野選手、ルーキー オブ ザ イヤー受賞なるか。



今週はスーパーラグビー最終ラウンドです。ハリケーンズ対ハイランダーズ(金曜日)とチーフス対ブルーズ(土曜日)の2試合が行われます。クルセーダーズとチーフスが決勝進出を決めているので、消化試合のような感じではありますが、2試合とも見所が満載です。

後半の快進撃で決勝進出を決めたチーフスは、怪我の回復と決勝戦、それに続くオーストラリアとのスーパーラグビー・トランスタスマンに備え、キープレーヤーを休ませ、その代わりに6名の新人がデビューします。もともとチーフスは若い選手が多いのですが、この最終戦はさらに若いチームとなります。

その中で異彩を放つのは、スーパーラグビー180キャップ、元チーフス・キャプテンのレジャンド、リアム・メッサム(37歳)。ルーキーのバックアップのために急遽招集がかかりました。メッサムは、プロボクシングの試合に向けてトレーニングを積んでいたので、コンディションは問題なしとのこと。もし出場機会があれば、盛り上がること間違いなしです。

同じく、怪我人の多いハイランダーズからは、ネへ・ミルズ・スカダーが久々に試合出場します。元オールブラックスで、華麗なステップでトライを量産したスカダーですが、長い間怪我に泣かされ続けてきました。古巣のハリケーンズとの対戦で、ついにスーパーラグビー復帰です。伝説のスカダーステップを見せてくれるでしょうか。

そして、なんといっても注目は、ハイランダーズのNo8・姫野選手。力強いボールキャリア、ディフェンスの成功率と仕事率の高さで、毎試合ごとに評価はうなぎ上りです。

実はこの試合は、姫野選手のスーパーラグビー・アオテアロアのルーキー オブ ザ イヤー受賞がかかっています。現在、ルーキー オブ ザ イヤーのトップにいるのは、同じくハイランダーズのコナー・ガーデン・バショップ(10ポイント)そして姫野選手は8ポイントで2位につけています。最終戦、ガーデン・バショップは怪我で不出場なので、この試合で姫野選手が3ポイント稼ぐことができれば、ルーキー オブ ザ イヤーに輝きます。

姫野選手の活躍は、日本ラグビーが世界に通用することを体現してくれました。サンウルブズはなくなってしまいまいたが、今後も、姫野選手のように、日本人選手がぞくぞくスーパーラグビーに参戦してくれたら嬉しいです。

SUPER RUGBY AOTEAROAのルーキー オブ ザ イヤー:毎週末、活躍したルーキー3名を選出し、それぞれに1、2、3ポイントを与え、シーズン終了時に最もポイントの高いルーキーが受賞します。


最新記事

すべて表示