オーストラリアとの国境が開きます!




先ほど、アーダーン首相の緊急会見が開かれ、ついにオーストラリアとの国境が開かれることが決まりました。4月19日から、オーストラリアとニュージーランドを行き来することができます。

この速報に、たくさんの人が喜んでおります。オーストラリアに住んでいるニュージーラド人は、家族、親戚、友達が1年ぶりにやっと再会することができます。逆もまた然りです。4月19日からはスクールホリデーに入るので、フライトの争奪戦が始まりそうです。

毎年、ニュージーランドにやってくる外国人のうち約40%がオーストラリアからで、国境が開くことで、ニュージーランドの観光などのビジネスが大きく活性化すると期待されています。観光地は賑わいが戻ってきそうです。

また、ニュージーランド入国の際に義務付けられている2週間のホテル隔離も、オーストララリアからの入国者は不要となるので、隔離ホテルのキャンセルが増えると予想されます。この隔離ホテルは6月まで満室状態で、帰国できないキャンセル待ちのニュージーランド人が世界中にたくさんいます。これでやっと帰国できそうです。

アーダーン首相は、「オーストラリアからの訪問者を歓迎します。」、といつもの笑顔で言っていましたが、、、「ただし、今までと同じように入国することはできません。」としっかり釘もさしています。

インフルエンザ様の症状がある人、過去14日間でPCR検査が陽性の人、また検査結果を待っている人はもちろん入国できません。到着の空港では、他の国から来た入国者とは絶対に交差しない様に入国の手続きがされるとのこと。空港は、今から準備が大変です。

会見では、起こりうるシナリオを緑、黄色、赤に想定し、それぞれの対応についても説明してくれました。いつもながら明確でわかり易い。最悪の赤のシナリオ、つまり感染経路が不明の市中感染が発生した場合、ロックダウンがかかり帰国できなくなるリスクも心して旅行の計画をたててほしいとのこと。

これがうまくいけば、次はサモア、トンガ、フィジーなどのパシフィックの島国、そしてシンガポールとの国境が開かれる予定だそうです。これから、問題が起こるリスクももちろんありますが、少しずつ前進しているのは嬉しいです。


最新記事

すべて表示