ニュージーランド・新型コロナ最新情報

102日ぶりに新型コロナの新規感染者が報告されてから2週間が過ぎました。オークランドはロックダウンレベル3で都市封鎖、その他の地域はレベル2という状態が続いています。現在のところ、オークランドは来週月曜日からレベル2へ、他の地域は9月6日まで引き続きレベル2で行くことが決まっていますが、、、どうなることでしょうか。

8月11日に家族4人の感染から始まったクラスターの感染者数は、現在110名でニュージーランド最大となっています。また、その他にオークランドの教会でミニクラスターも発生していて、感染者数の合計は空港隔離施設にいる21名を含めて134名です。

あっという間に感染者数が100名を超えましたが、クラスターの追跡調査で大多数のPCR検査をしたことが理由といえそうです。ニュージーランドでは、2週間で10万人以上の検査が行われ、さらにこの先1週間で、クラスターが発生しているオークランドの南地区で、7万件のPCR検査を実施する予定です。

このように検査数を増やしているのは、この4人家族がどこで感染したのか未だに不明であること、また、このクラスターの尻尾が思いのほか長く、その尻尾を捉えきれないためです。政府は、国民が懇願する経済活動の再開を前に、オークランドの特に南地区の感染状況をしっかりと把握しておきたいとのこと。感染予防と経済活動の両立を目指しています。

そして、新しい感染対策として、公共交通機関を利用する際のマスクの着用が義務化されることが決まりました。いまさら、マスクの着用、、、と驚かれるかと思いますが、ニュージーランドでは、今までほとんどの人がマスクをしていませんでした。マスク着用義務の発表を受け、SNSでは手作りのマスク自慢の投稿が次々と上がっていて、ほとんどの国民が生まれて初めて着用するであろうマスクを楽しんでいるように見えます。いつも楽観的で前向きなニュージーランド人には感心します。


現在のラグビー状況ですが、オークランドは中止、他の地域では、カレッジやクラブラグビーの試合は人数制限の関係で観戦者をいれずに行っています。楽しみにしていたNorth vs Southの試合は、試合会場がウェリントンに、日程は9月5日に変更になり、無観客で行われるようです。


​Copyright ニュージーランドでラグビーを学ぼう NZ RUGBY LINKS ltd